ウォーターサーバーを利用する費用として、水やサーバーのレンタル料だけでなく、
他にもいろいろな料金が発生することがあります。
また、業者によっても差があります。

大事なお金の話ですので、きちんと理解していないとトラブルが発生することもありえます。
水以外に、どんな費用がかかるのかも確かめて、トータルコストを確認しましょう。

ウォーターサーバーにかかる料金として、サーバーのレンタル料、メンテナンス料、水代などがあります。

水の料金は、一人暮らし、夫婦のみ、子供がいる、また、家庭ではなく会社や病院などで使うなど、
それぞれで消費量が異なるため、利用する人によって大きく変わります。
さらに、人数だけでなく、飲用のみに使うのか、料理や他の用途に使うのか、
といった点からも消費量を考えてみましょう。
消費量の違いによって、おすすめの業者も変わります。

先程の、サーバーのレンタル料、メンテナンス料の有無も、料金に大きく影響します。
水代のみで価格の比較をせずに、このようなトータルでの料金を調べることが重要です。

ぜひ自分に合ったウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバーの選び方

近年、ウォーターサーバーの業者が増えてきて、どれを選べばいいかわからない、という方もいると思います。
水の種類や、サーバーの違い、ボトルの大きさや形。そして、価格も異なります。
どこを比較して選べばいいか分からなくなってしまう、ということがあると思います。

選び方のポイントは、いくつかありますが、まずは水の安全性です。
ウォーターサーバーを使う理由の多くが安全性です。各業者のHP等を見て、しっかりと比べましょう。

その他に、水の硬度、サーバーやボトルの形とデザイン、そして価格がポイントです。

日本では、普段の生活に使う水道水は軟水の場合がほとんどです。
硬度が高いと硬水といって、ミネラルが多い水ですが、日本人は軟水に慣れているため、合わない人もいることに注意しましょう。
また、ボトルは重いと扱うのが大変になるため、軽いものを選ぶといいでしょう。
自分の家や自分の部屋に置くものなので、見た目もこだわりたいですね。
価格は、水代だけではなく、レンタル料やメンテナンス料などのトータルコストを見て考えましょう。

慎重に選んで、長く使うウォーターサーバーを選びたいですね。