ウォーターサーバーで取り扱うお水の種類は大きく分けて二つ。「天然水」と「RO水」と呼ばれるものになります。
各業者によって取り扱いが違いますので、業者を選ぶ際のポイントにもなるでしょう。

「天然水」は文字どおり、有名な採水地から採取した天然のお水のことで、ミネラル成分が多く含まれているのが特徴です。
ミネラルウォーターといえばだいたいこちらを指しますが、場合によっては人為的にミネラル分を追加している事例もないわけではありませんので、その点は認識が必要です。
ウォーターサーバー各社に関しては、そのような手を加えることなく、自然の力でろ過された天然水を使用しています。各社のパンフレットなどよく見て調べておきましょう。

「RO水」とはあまり聞きなれないかもしれませんが、特別な膜を使用して水道水のろ過を行ったもののことを言います。天然水ではなく水道水であることが大きな違いです。
その工程は複数のフィルターを用いて行われ、大元の水も厳しい判断に基づいて選ばれた水が使用されます。
最終的に使われるのがRO膜と呼ばれるもので、名前はここからきています。この膜があらゆる不純物を除去するという仕組みになっています。
出来上がりの水はピュアウォーターと呼ばれます。ピュアということは、ミネラルも一切含まないことになります。ここがミネラルウォーターとの最大の違いです。
ここから人工的にミネラル分を加えたものを、ウォーターサーバー用の水として提供することになります。結果、一般的なミネラルウォーターと遜色ないものとなっています。
元が水道水というと、わざわざウォーターサーバーを導入するメリットはないのでは…と思いそうですが、普通蛇口をひねって出てくる水道水とはやはり一味も二味も違いますからご安心を。
水の種類の選択は、この二つの選択となります。値段で見ると、RO水がやや低価格なようです。
飲用や料理で毎日大量に使うのか、美容や健康のため成分にこだわりたいのか、はたまた単純に味の好みで選ぶのか。実際に飲んでみて水の種類を変更することもできますので、自分好みの水を見つけてみるといいでしょう。